逆流性食道炎を自宅で改善する方法

吐いた時の対処法

嘔吐は、様々な原因でおこります。一般的に飲み過ぎ・食べ過ぎ、腐ったものを食べてしまったときなど。
「吐き気」は、まず脳の中の「嘔吐中枢」というところが刺激され、吐き気をもよおし、それによって吐いてしまうというケースがほとんどです。ただし、泥酔しているときや赤ちゃんはいきなりはいてしまう場合があります。

吐いたものは、胃酸を中心とした胃の中のものですが、状態によっては、原因が別にある場合もあります。

咳き込んだときに、血が混じるのは、呼吸器系の損傷で吐き出される場合があります。また、大量に血を吐き出してしまったときは、重篤な消化器系の損傷を疑ってください。どちらの場合も医療機関での診療をお勧めします。

水分と塩分の補給

吐いてしまった時の対処法です。覚えておくといざというときに役立つと思います。

まず、吐いたものが気管に入らないように、頭を下げて吐かせます。意識がなく、朦朧(もうろう)としている場合は、体や頭を横向きにさせ、窒息しないように気をつけます。

吐いた後は、水分や塩分が不足します。水分補給をしますが、そのときは冷たい飲み物ではなく、体温くらいの温度のスポーツドリンクなどを少しずつ飲ませ、水分と塩分の補給をさせましょう。

吐瀉物(吐いたもの)は、むやみに直接触って処理するのは止めましょう。原因がわからないうちは、感染症の場合そこから感染してしまう場合もあります。

ご紹介する逆流性食道炎克服プログラムは、体に過度な負担やストレスをかけることなく、短期間であなたの症状を改善することが可能です。
書店で何十冊の本を買って読んだとしても、定期検診を受けつづけたとしても手に入れられる情報ではありません。あなたと同じように苦しんだ体験を持つ筆者が見出した方法です。家計にも時間にも負担をあまりかけずに、楽になれる方法があるとしたら、あなたは手に入れてみるべきではありませんか?

逆流性食道炎克服プログラムはこちら