逆流性食道炎の原因と症状を知りましょう

逆流性食道炎の症状と原因

  • 仰向けに寝ると胃が圧迫された感じがする
  • 空咳がひどくて、「ゼイゼイ…」と息苦しい感覚がする
  • みぞおち辺りがチクチクして内側から締め付けられている感覚がある
  • 空腹時や食後に吐き気がもよおす 常にムカムカしてゲップしたい感覚がある

こんな症状で悩んでいませんか?これらの症状に当てはまる場合は、逆流性食道炎(以下「逆食」)が慢性化している可能性があります。

逆食とは、食道と胃の境目にある下部食道括約部(かぶしょくどうかつやくぶ)が、様々な要因でしまりが悪くなり、胃酸が食道へ逆流するという病気です。
胃酸や食べた物などが食道内へ逆流しないよう防ぐ筋肉が、胃の手術や老化などにより機能が低下してしまうと、胃酸の逆流を防げなくなってしまうのです。「逆流防止装置の故障」です。

高齢で腰が曲がった方や、肥満の方、ベルトなどによる腹部の締め付けなども、胃の圧迫により胃酸の逆流が起こりやすくなります。
実際には、ご高齢の方だけではなく、若い人にも増えている病気です。

1.高齢
食道と胃の境目(噴門)の筋力が低下。
2.生活習慣の悪化
飲酒やタバコなどによる、胃酸分泌の増加してしまいます。
3.ストレスの増大
長年ストレスを溜めた続けた結果、胃腸機能が低下してしまいます。
4.食生活の変化
外食中心の高脂肪な食事が原因で、脂肪摂取時に働くホルモンの影響により、防止装置ゆるんでしまいます。
5.普段の姿勢
猫背は胃を常に圧迫する姿勢に。また、背骨が歪むと、胃や噴門部(ふんもんぶ)、食道などが本来の正しい場所に位置しなくなるので機能が悪くなります。
6.風邪などの細菌
細菌が食道に入り込んでしまい、逆流してしまうことがあります。

Deconstructing Hospital Pikachu原因とされるこれらは、多かれ少なかれ、誰もが抱えている問題だと思います。

「顧客とのトラブル」「営業成績の不振」「コンビニに頼った肉食系の食事」「ストレス発散(?)のための暴飲暴食」緊張から開放されるはずの自宅でさえも、ストレス要因があったりします。

思い当たりませんか?

いわゆる苦い水(呑酸)は、私も数えきれないほど込み上がった経験があります。これは経験者にしか分からない、苦痛で耐えがたい瞬間です。 そこで逆流性食道炎克服プログラムには、適切な予防策を行い、逆流を抑える秘訣が掲載されています。

逆流性食道炎克服プログラムはこちら