市販の薬も病院で処方させるものも基本は変わりません。ただ症状を抑えるだけのもので根本的に治療するものではありません。

逆流性食道炎と薬

みぞおちのあたりがなにやら”もやもや””ムカムカ”し、キリキリと痛む。時折、苦い胃液がこみ上げてくる。。。
始めは、「胃腸薬を飲めば大丈夫かな?」っと思うほどの症状かもしれませんね。実際に市販薬の「○○ター10」などを飲むと一時休まるので、それを飲み続ける結果になります。病院でのお薬も市販の薬より良く効くのを処方される事が多いとききました。

medicine 逆流性食道炎の薬としてもっとも効果が高く、よく使われるのは、胃酸の分泌を抑える薬です。
これらの薬は単に胃液の中の胃酸を減らす事によりたとえ食道に逆流しても、傷つけない様にしているだけなのです。決して根本的な原因である、胃と食道の境目にある下部食道括約部(かぶしょくどうかつやくぶ)の緩みを正常にする効果はないのです。ですから、飲み忘れたりすると、症状がすぐに出てしまうのです。

ヒスタミンH2受容体拮抗薬(H2ブロッカー)

胃の分泌腺にある壁細胞(へきさいぼう)には、ヒスタミンという物質が結合すると胃酸が分泌されるH2受容体という部分があります。この薬は、ヒスタミンがH2受容体に結合するのを妨げることによって、胃酸の分泌を抑えます。

プロトンポンプ阻害薬(PPI)

胃の分泌腺にある壁細胞には、胃酸を分泌するプロトンポンプという部分があります。この薬は、そのプロトンポンプの働きを妨げ、胃酸の分泌を抑えます。再発防止のために薬を服用し続けることもあります。

粘膜保護薬(アルギン酸ナトリウム)

食道の粘膜をおおって、逆流してきた胃液から食道を守り、炎症の改善をたすける働きがあります。

制酸薬(水酸化アルミニウムゲル、水酸化マグネシウム)

胃で分泌された胃酸や、食道に逆流してきた胃酸を中和して、食道粘膜が傷害される程度を軽くしたり、症状を速やかに和らげる働きがあります。

「逆流性食道炎克服プログラム」最大の特徴は、処方薬を飲んで胃酸を中和するという、これまでの対処療法ではありません。市販の胃腸薬が毎食後に、欠かせない人も多いと思います。 胸焼けや胃もたれといった逆流性食道炎の主要な症状を、東洋医学の叡智を結集したある手法で取り除く技を公開しています。

逆流性食道炎克服プログラムはこちら