一生食べたいものを我慢して過ごせますか?

逆流性食道炎と食事

もっとも基本的なことですが、食事 で大切なことは「食べ過ぎない」ことです。
一度に多くの食事をとることにより、胃内圧が上がり、胃液も増加して逆流が起こりやすくなります。

てんぷらや唐揚げ等の脂肪の多い食べ物は、当然、控え目に。肉類もよくありません。脂肪の少ない鶏肉なら少しはいい、という程度です。

LunchTimeその他のメニューも、野菜中心の食事がよく、昔の日本の食卓をかざってきた品々をイメージすると、それがほぼ理想的な食事内容になります。

一汁三菜・・・腹7分目くらいの感覚でバランス良くとることが大切ですね。

逆流を起こしやすいと言われる食事

・トウガラシ、コショウなどの香辛料
・ミカン、オレンジなどの柑橘類
・ケーキやおまんじゅうなどの甘いお菓子
・サイダー、コーラなどの炭酸飲料
・コーヒー、紅茶
・塩分
・アルコール

これらのものは、胃にやさしくはありません。
胃酸の分泌を高めたり、胃内での食物の停滞時間が長くなることなどで逆流を起こしやすくしてしまうのです。食後すぐ横にならないということも大切です。過食は、胃酸の分泌や胃内の圧を上げますので、特に夕食は“あっさりとしたものをほどほどに”。
寝るときに胸やけが強い場合は、上体を少し高くして寝ると効果的です。横向きに寝る場合は、右を下にして寝るとよいそうです。

「あぁ、背油たっぷりのラーメンとか、焼肉にビールをぐびぐびってのはもう一生お別れか・・・」

本当は食べたいものを我慢しなければならない生活なんて!

もう我慢しないで、食事を楽しめるようになれる改善プログラムを試してください。改善が見られなければ、全額返金の保障もついています。

逆流性食道炎改善プログラムはこちら