逆流性食道炎克服プログラムで効果があった皆さんの体験談です

逆流性食道炎克服プログラム体験談

多くの方が、この克服プログラムを実践し、効果があったことを体験談としてお寄せいただいています。その中の一部をご紹介します。

嘘のようにすっきりしました

ここ1年、女性の私には恥ずかしい話なのですがいつもゲップがひどく、
胃もムカムカして調子の悪い毎日が続いていました。

よく胃腸薬のCMのサラリーマンみたいに、飲みすぎ・食べ過ぎでもないのに
「何で私がこんな事になるんだろう?」と思い悩んでいました。
でも、どうしていいか分からず取りあえず、ドラッグストアの薬剤師の方から勧められた、
ガスター10を飲んで症状を抑えていました。
ただ、何となく自分の症状が気になったためインターネットで調べた所、どうも逆流性食道炎という病気であることが分かりました。

しかも、この病気はきちんと対処を取らないと食道がんの発生確率を高めるという事も書いていたので、完治をさせる方法を探しました。

分かった事は病院に行っても、市販の薬より良く効くのを処方される事が多いという事でした。
そのため別の方法を模索していた時に、このプログラムと出会いました。

まずは、プログラムに沿って即効性のある方法を試してみた所、その日にいつも薬を飲まないとおさまらない胃のムカムカを抑える事ができました。

本当にびっくりです!

続きはこちら

プログラムを試して2週間ほどで症状が和らいでいました

2年前に逆流性食道炎になってしまいました。

最初の頃は、単なる食べ過ぎかな?と思って、市販の“太田胃散“や“パンシロン”なんかを服用していました。
飲んだ時は少し症状がましにはなるのですが、また時間が経つと胸やけがひどくなり、一向に改善する気配がなかったのです。

私は普段、会社員としてオフィスワークをしているのですが、仕事をしながら、「いつまた症状が出るのか・・・」と気になって集中できない日々が続いていました。

口の中も苦くてネバネバして気持ち悪く、仕事が手に付きません。
さすがに、我慢できなく医者に行って診てもらった所、胃の入り口の噴門が普通の人より弱いという事でした。

完治させる方法はないらしく、より効果の高いプロトンポンプ阻害剤というのを飲み続けることで胃酸の分泌を抑えるしかなかったのです。

続きはこちら